読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

なんだこのゲームめっちゃ面白いな

ゼノブレイド、ダンバンさん(CV:ベジータ)の「雑魚相手でも手加減は無しだ!」「待て!お前には無理だ!」「うわぁぁぁ!!」というベジータぶりにニヤニヤしつつ、最初の街の大きなイベントが終わったところ。知ってたことだけど、このゲームメチャクチャ面白いな。

当時の自分がWii版を「JRPGの完成系」と褒めちぎってるけど、今やってもそう思う。沢山発売されたWiiのソフトの中で一番評判がいい[要出典]のも頷ける。

圧倒的に広いシームレスな世界、ほどよい手応えの戦闘、無謀な事もやると大体見返りがある(勝てない相手に挑むとか、死ぬ高さから飛び降りるとか)、収集要素もクエストも人間関係も遊び出すと底なし。広いだけ多いだけってのはストレスにもなるんだけど、システムがこれをかなりの部分フォローしてて、そのストレスの無さがまた次へ次へとプレイヤーを進ませる。

3DS版の話だと、この広い世界を立体で見られるのがもう嬉しい。移植度は良くも悪くも完全と言ってよく、ポリゴンモデルなんかは(当時からして既にショボかったけど)結構キツイ。ただ、目のアニメーションや口パクに歯のモデリングもあって、動いてみると思ったより見られる演技をしてくれます。遠くの景色もちゃんとモデリングされてる(遥か遠くのアイテムも見える)ので「あーここは誤魔化してんのね」みたいな覚める感も無く、没頭して冒険が出来ます。まぁそれでも、3DSWiiで解像度が違うので、やはり事実として視認性は落ちる。とは言え、やはりこれだけのゲームが手元に収まって持ち運べるってのはほんと信じられない。嬉し過ぎる。

あとWii版の仕様を覚えてないんだけど、大体がリアルタイムの本作でワンボタンでポーズ出来ない(イベント中は出来る)のと、コレクションのためにタイトル画面に行く必要があるのにソフトリセット無いのはほんと不便なんでアップデートで何とかして欲しいなー。