読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

がんばリベンジよ

ブレイブリーセカンド、クリア。

プレイ時間81時間。難易度NORMAL。

5章以降は避けられない箇所を除き雑魚戦は全カット。レベルの伸び悩みが問題になるかと思いましたが、ボスや襲来してくる魔王からでもいくらかの経験値は取得出来、ラスボスも含めてなんとか乗り切ることが出来ました。むしろレベルを上げ過ぎるよりも手応えがあって面白かったかもしれない。

終盤に近付くにつれ、敵が使ってくる状態異常が特殊な物になっていき、回避、解除出来ないのは勿論、食らっただけではどういう異常だかわからん物が増加。通り一遍の対策が不可能、理不尽に苦戦することになる一方で、それを見極めて攻略する面白さも確かにありました。ラスボスがブレイブリーセカンドの体でターン無視して割り込んで来るのは、ターン制なのにコマンドをゆっくり選べず、でもそれが新鮮な感覚で結構楽しかった。

お話は最後にメタネタを挟みつつ、前作も含めた不幸が大体回収されて大団円。SP便利過ぎワロタ。ラスボス戦の仕掛けは若い頃ならかなり刺さったと思うのですが、他のゲームで既に似たような仕掛けがあったり、ゲームという物への知識とか、自分の経験のせいで斜めに見えてしまった部分があって、遊んでてちょっと寂しかったです。

それから、コラボカフェ限定配信のボス「第一天希望」が「子供部屋にいるクマのヌイグルミっぽい魔王」で、シナリオ読んでると納得感が凄い。二人のその後をあくまで匂わせる程度に示していて、立ち位置といい展開の仕方といい非常に上手いと思う。

(後付けだろうけど)前作からの伏線回収、大きな転換を含むストーリー展開、魅力的なキャラクター、工夫し甲斐のある戦闘システムなど、遊んでる時は惰性だったけど、終わってみると結構面白かったな。

HARDでもう一周するかどうかは微妙なところですが、まだモンスター図鑑も埋まっていない(未遭遇のボスがどっかに居る)ので、図鑑埋まるまではやりたい。