読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

P4Dクリア

ペルソナ4 ダンシングオールナイト(P4D)、ストーリークリア。

プレイ時間13時間。

本作はタイトルにある通り、元々RPGであるペルソナ4の世界観を使っていますが、ゲームとしては音ゲー。原作からして音楽には定評のあるペルソナシリーズですので、その音楽に合わせてオシャレなキャラクターがオシャレな恰好でオシャレに踊るオシャレ音ゲーとなっています。

どういう設定にするのかと思ったら、「今度の敵は攻撃が効かないけど"気持ちを届ける"ことで浄化可能。気持ちを届けると言えばダンスだ!」ということで、「踊りで勝負よ!@スペースチャンネル」そのまんまの設定となっています。その割にハードなシナリオなんですが。

ゲームとしては、譜面が中央から発生して画面端に向けて移動、ミートポイントが画面周囲にあるもの。譜面自体はさほど難しくは無いものの、視線誘導による見落としとか、譜面密度による認識間違いなんかを使って難易度調整してる感じ。特にスクラッチ操作の輪っかはリッチな背景に混ざって見落とし易く、これでコンボ切れると結構ストレス。システムとしては悪くないと思うので、輪っかをもうちょっと見易くして欲しい。

あと、全体的に映像には物凄い気を使っています。ダンスするキャラのモデリングは素晴らしいの一言だし、このクオリティの高いキャラクターが多い時は8人?くらい同時に踊ります。どうなってんだ。髪の毛が長いとか複雑な形でも問題無し。左右非対称のキャラは立ち絵も別の物だったり、色設定一つ見ても「手抜きしない!」という気合を感じます。

曲は元から折り紙つきでカッコいい曲ばっかりですが、ちょっと同じ曲のアレンジが多い印象かな。ジュネスのテーマは笑った。

きちんと作られてきちんと遊べるカッコいいオシャレ音ゲーという印象。