読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

目からエグゼクティブ

ゲーム:Nintendo:ゼルダの伝説:ブレスオブザワイルド

よゐこの濱口さんがゲーム実況する番組「ゲームセンターDX」で、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドを遊ぶ回を視聴。ブレスオブザワイルドは発売前のタイトルなので内容を見たかったのと、今回「オープンワールド」らしいのでその辺も気になって。

 

で、内容はとても面白そうということで期待出来るんだけど、見ていて感じたことがありました。

 

動画中で「川の真ん中にあるいかだに乗れ」というシーンがあって。いかだは厳寒の川の真ん中に係留されてて、泳いでは辿り着けない。で川岸からは明らかに桟橋の残骸みたいのが伸びているので、恐らく正解は「木を倒して木材にし、桟橋をかけて渡る」ことと思われました。

 

しかし濱口さんは「木を倒して丸太そのまま川に落として流したら、引っかかって渡れるに違いない」と考えて周りの木を伐採。若干馬鹿にした面持ちで見ていたら、言う通り本当に木は引っかかり、実際にいかだに辿り着いてしまいました。

 

渡れはしたもののかなり際どい引っかかり方でしたし、番組が想定したよりかなり時間をかけていました。たぶん桟橋をかけてたらもっと楽に確実に渡れたと思われます。が、それでもちゃんと渡れたのです。

 

オープンワールド、物理演算、というものを舐めていたことと、自身の大量のゲームの経験が「正解以外は不正解」と決めつけていたことに気付かされてなんかショックを受けました。こういうのをゲーム脳って言うんだと思う。どう考えても自分より濱口さんの方が楽しんでゲームやってる。