読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

ネットハイトロコン

ネットハイ、トロフィーコンプリート。

 

開封は12/9で、プレイ時間37時間。

 

本作はグルーブボックスジャパン開発のアドベンチャーゲームSNS「ツイイッター」のフォロワー数が身分を決める世界で、非リアの主人公「俺氏」がリア充を倒してのし上がって行くお話。

 

基本的には、敵となるリア充のゴシップを調査やネットで見つけ出し、相手の言葉を煽って、出てきた発言にゴシップをぶつけて嘘を暴くことで、相手の真実の姿を暴き、フォロワーを奪い取っていくことになります。…という建付けの通り、ゲーム性はそのまんま「逆転裁判」で、ゲームの展開も手応えもあの辺を想像してもらえば概ねその通り。本作では「相手の本音を覗ける」などのスキルがあってズルい!と思ったけど、そういえば逆転裁判も最近は「この発言をするとき動揺してるから嘘ですね!」とかやってたわ。

 

ネットのネタやスラングをそのまま持ち込んだノリは嫌いな人は嫌いかと思いますが、本作はこれを上手く昇華していて個人的には嫌な感じはなかった。というかこのノリからあれだけ熱いシナリオになるとは想像もしていなかった。決め台詞『リア充め、爆発しろ!』も、決め技当てて見得を切って言うとメチャクチャかっこいい。

 

あくまでも「相手のフォロワーからの心証を悪くする」のが目的なので、ゴシップは真実である必要は無く、煽り合いはノリと勢いで進行。キャラデザもよく世界観に合っていて、特にサポートAIのシルは「んまっ!」の声と声優さん(内田真礼)と共に強く印象に残りました。MCちゃんもそうだし、女性キャラが性格も見た目もやたら可愛いのよね。

 

その他細かいところだと、「ツイイッター」が「つい言った」から名付けられてる辺りは上手いなと思う。

 

熱いシナリオ、好みのキャラクター、かっこいい音楽、ネタの使い方など、居酒屋の笑い話みたいなベースをきちんと練り上げていて脱帽。面白かった。