読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

熱血物語SPクリア

ゲーム:くにおくん:熱血物語

ダウンタウン熱血物語SP、クリア。

 

プレイ時間6時間半。

 

本作はタイトルの通り、ファミコンの「ダウンタウン熱血物語」のリメイク。基本的な話の筋はそのままに、キャラクターの掘り下げ、アクションの拡充、時間経過の導入とマルチエンディングなど、大きくパワーアップしています。

 

まず目を引くのが画面作り。ファミコン風のドットを継承しながらアニメーションパターンを増量し、くにおをはじめキャラクター達はより表情豊かに。一方で背景は現代っぽくアレンジしていて、ドットが立っているのに現代風のオシャレな画面になっています。これはファミコンの時からそうだけど、あの荒いドットでキャラクターの顔の書き分けどころか表情まで描写してて凄い。

 

アクション部分では、本屋で必殺技を買うのはそのままですが、基礎パラメータはレベルアップで強化されるよう変更。また服によってスキルが追加されるのですが、この服がランダムドロップになり、敵をひたすら殴り倒して装備を集めるハクスラ要素も加わりました。

 

マッハパンチをはじめとする必殺技はその種類も増えていますし、使い込むことで技自体が進化し、最終的にはカットインが入る「超必殺技」になります。また技を使うのにSPというポイントが必要なのと、強力な技は大体隙が大きいので、技連打だけでは勝てなくもなっています。

 

お話は「りきの彼女が失踪し、犯人らしい冷峰に殴り込む」という筋はそのままですが、これも大幅に拡充されています。まず、作中ではリアルタイムに時間が経過し、3日間が経過するとタイムアップ。これまでに冷峰を倒せていなければ別の結末を迎えることになります。

 

初日から冷峰には乗り込めない(門が開いてない)上、そもそも最初はくにおが弱くて殴り込みどころじゃないため、情報収集と経験値稼ぎから始める必要があります。マップが広い上にイベントが大量に散りばめられ、時間限定イベントも目白押し、モブキャラも結構面白いこと言うとあって、限られた時間の中でやるべきことは沢山あります。

 

イベントは大筋ではファミコン版をなぞっていて、例えばファミコン版で散々絡んできた上条、山本は「もうちょっとで勝てる」と言ってちょっとずつパワーアップしながら何度も何度もくにおに挑戦してきます。最初の戦闘が河川敷、超必殺技を獲得しての最終戦が銭湯の前なのも凄くよかった。間でトレーニングジムに通ってみたり、この二人だけじゃないけど、みんな台詞が凄くいいのよね。

 

マルチエンドなのもあってバランスは周回前提になっていて、死んでもペナルティは一時間経過だけだし、各種パラメータは全て次周に引き継がれます。ちなみに私の初周は2日目のイベント戦闘で負けて本筋が終わって(時間経過でイベントが消えた)しまい、りきの彼女はどっかいったまま。最終日に熱血高校に押し寄せた冷峰オールスターを全員撃破してのエンディングでした。これはこれで面白かった。

 

時間経過を取り入れたことでプレイが重たくなり、ファミコン版の手軽さは無くなってしまいましたが、原作をよくわかってる人が「ダウンタウン熱血物語を現代風にするなら」を考え抜いて作ったことが伝わってきて、遊んでいてとても嬉しい気持ちになりました。まだ見てないイベントが沢山ある(クリアするとイベントリストが出現)し、そもそも山田に会ってもないので、まだ遊ぶ。