読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

スバラシティ、スバラシティ達成

ゲーム:Ryuji Kuwaki:SubaraCity

スバラシティ、評価"スバラシティ"達成。

 

プレイ時間6時間半。人口1469万人、AD2676年。

 

本作は元はスマホのアプリで、建物を大きくして街を発展させるゲーム。手数が年数、スコアは人口として表現され、出来るだけ長く、出来るだけ人口の多い街を作ることが目的となります。

 

ゲームとしては、アクション性は一切無い、制限時間も無い思考型のパズルゲーム。ルールとしては、5x5のマスに4色のパネルが敷き詰められていて、同色パネルが隣接していたらまとめることが出来、まとめる際にそのマスの建物がレベルアップします。建物のレベルが最大の10になると白色パネルとなり、これは白パネル同士でないとまとめられない。レベル10の建物をまとめると限界突破してより高いレベルとなり、それまでとは比べ物にならないスコアになるため、基本的には「如何に白パネルを沢山集められるか」という遊び方になります。

 

「パネルはまとまるけど消えない(まとめた建物が必ず残る)」「白パネルは一度まとめると二度と他パネルとくっつかない」ことから、必然的に手数が進むほど使えるパネルは少なくなってきます。これを打開するのが「市長」。市長を消費することで、任意のパネルを一つ消すことが出来るので、死にパネルや邪魔なパネルをこれで排除することが可能です。市長は100年経過するか、レベルの高い建物を作ると補充されるので、バンバン使って街を発展させるのが吉。

 

これと言って派手な演出や目新しいゲーム性はありませんが、とにかくルールが絶妙で、ついつい遊んでしまってどんどん時間を吸われます。音楽がやたら荘厳だったりオシャレだったりするので、ただのパネルである町並みにも妙な感慨が沸いてくるのもいい。「市長を消費」という語感の面白さも好き。

 

上記スコアを嫁に自慢したら、なんか5000万人都市作られたんで、追いつくとは思えないけどもうちょっと遊んでみるかな。