GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

デモンエクスマキナクリア

NSW METROID DREAD

購入。

 


DAEMON X MACHINA、クリア。

 

プレイ時間19時間。

 

本作はFIRST STUDIO開発の3Dロボットアクション。オリジナルの作品ではありますが、過去に発売されたARMORED CORE(AC)シリーズの精神的続編と言えます。「自分で組んだロボットで戦う」というコンセプトに当時すっかりハマったのも懐かしい思い出。エンブレムを頑張って作ったなぁ。

 

ACシリーズもそうでしたが、本作の最大の特徴は「自分で作ったロボット(アーセナル)で戦う」こと。多様なパラメータを持つパーツを頭、体、足、両腕と組み合わせ、好きな名前を付けて色を塗ってデカールを貼り、武器を持たせます。沢山武器を持たせると重くなる、軽くすると装甲が薄くなる、対物理と対レーザーの装甲のバランスはどうするか、どの武器をメインにするか、あらゆる要素同士がトレードオフになっていて、構成を考えるのが悩ましく面倒臭くて楽しい。

 

特に本作ではオンライン対戦があるからか、(ACと異なり)「完全上位互換」というパーツがありません。どの装備も何かが向上すると何かが失われていて、こういうの考えるのが好きな人にはたまらん作りだと思います。個人的にはバランスを変えて試行錯誤というのは面倒なので、上位互換は欲しかったのですが。それから、レッグパーツが二足のみなのもACからすると寂しいところ。空中戦の比率が上がった本作では二足以外は意味が薄いとも思いますが、四脚やタンクの割り切ったアセンブルもやりたかったです。

 

アーセナルがメインの作品ですが、思いの外パイロットにも力が入っています。簡単なフレーバーテキストと思わせ振りな台詞だけだったACとは異なり、主人公を含めて搭乗者には顔と名前とリッチなポリゴンモデルがあり、所属組織と人間関係があり、ストーリーでも戦闘中でもとにかく喋りまくります。お話は濃密な人間関係をメインに構成され、それぞれの組織の内情と世界の謎に触れつつ展開されます。AC経験者としては「そうは言ってもどうせ最後は『お前は知り過ぎた』つって消されるんでしょ」と思っていましたが、これが思ってたよりみんなから大事にされてむしろ戸惑いました。

 

パイロットと言えば、撃墜されても脱出して生身で継戦出来るのも面白いところ。勿論アーセナル相手だとほぼ即死なのですが、隠れて頑張ると割となんとかなったりもします。また「生身で潜入して敵兵器を奪取して戦闘」というシナリオもあり、これも楽しいシチュエーション。

 

中盤を過ぎると人となりが知れてきたメンバーとの戦闘がメインとなり、それぞれ腕利きの相手ばかりで、それを捩じ伏せる自分にテンションが上がります。終盤にかけてはその人物の秘密や世界の謎を主軸に大きく盛り上がる展開となりますが、残念ながら私には皆様が何を言っているのかよく分からず、期待されてることは分かるけど話半分で戦いに出ていました。とにかく目の前の相手を撃てばいいんでしょ?

 

多数のパーツを組み合わせての自機構築、自在に飛行しての高速戦闘、倒した敵からパーツを奪い換装、どこかで見たシチュエーションが散りばめられた多彩なミッション、名のある強敵との撃ち合いに、見上げるような巨大な敵。とにかく男の子の好きな物を詰め込みました!という作りはACから更に進化していて、細かな要素も含めて隙がありません。メカモノのごっこ遊びとしてここまで良くできた物はそう無い。ただ個人的には、上でも書いたけど、上位互換パーツが無いために「メカが強くなっていく」感覚が薄かったのは残念なところかな。

 

Kindle Paperwhite 神アップデート

Kindle Paperwhiteを久々にネットワークに繋いだらファームウェア更新が走って、バージョン5.13.7になりました。

 

元がいくつだったか分かりません(そんな何ヶ月も前じゃないと思うけど)が、更新したらメニュー画面が大幅に変わりましたがそれは本題では無く、あれ、なんか、画面濃くなってないか…?いや、明らかに印字が濃くなっています。

 

Paperwhiteは自分的には大変お気に入りのガジェットで、特に電子インクの紙のような質感は素晴らしく、購入からずっと愛用しています。しかし一方で漫画を読むには画面が小さいことは否めず、特にきららとかの判型が大きく線が細めの四コマ(ゆゆ式とか)なんかは殆ど線が消えてしまって事実上読むことが出来ませんでした。

 

設定でコントラスト(濃淡)調整でもあれば解決すると思うのですが何年待っても実装されず、物理的に無理なのかなーと諦め、線が細い漫画はタブレットで読む運用になっていました。

 

しかし今回の更新を受けて確認してみると、明らかに今まで見えなかった線が見えるようになっており、ゆゆ式もまちカドまぞくも大体見える!(カバー裏の元々印刷が薄い所は相変わらず見えないけど)

 

まだ完璧とは言い難いですが、今までより格段に読みやすくなったのは間違いない。嬉しい。

 

【追記】

今年の7月に写真撮ってたページがあったので、新旧切り出して比較してみました。

 

←更新前/→更新後

f:id:machine913:20211011020232j:plain

f:id:machine913:20211011020234j:plain

 

 

深世海クリア

NSW Slay the Spire

購入。

 

 


深世海、クリア。

 

プレイ時間はクリアまで13時間、アチーブメント埋めるのにプラス3時間。難易度スタンダード。

 

本作はカプコン開発の深海アドベンチャー。分類としては2Dのアクションアドベンチャーですが、これまでのカプコンにこういう文脈が無く、突然出てきた印象のゲームです。

 

主人公は潜水服の人。海中にいる主人公は、なんか分からんけど広がってくる氷に追われて深海に潜っていくことになります。本作にはテキストがほぼ無く、この人が誰で、目的が何で、氷が何で、どういう世界なのか作中では全く語られません。意味深な記録は沢山見つかるけど、その意味は判然とせず、ラスボスを倒した後のアチーブメントのテキストで、「今のそういう戦いだったの!?」と気付いたくらい。

 

ちなみに公式サイトには概要が載っていて、地上は広がる氷で壊滅、海中に逃れた主人公の「潜海者」は日々広がる氷から逃れながら一人で暮らしていたが、謎の機械との出会いにより、他の生き残り探しと世界の謎を解くため深海に向かう、らしいです。

 

ゲームとしては広大な深海を探索するアドベンチャー。海中で一番行動を縛るのが水圧で、特定の鉱石を集めることで潜水服をアップグレードしないと一定以上の深さには潜れません。広い海の探索ですが、この水圧と鉱石の配置によって、枝葉を除くと進行はほぼ一本道になっていて、迷うことはありません。酸素やアイテムの素材になる鉱石もかなりジャブジャブ手に入るので、全体に割とゆったりした深海探検になります。戦闘は少し緊張感あるけど、元々海中でお互い動きがゆっくりなこともあり、厳しいパターン化なんかも求められません。

 

とにかく雰囲気のいいゲームで、海の美しさ、遺跡や火山など風景のバリエーション、心地よい音楽、なんか分からんけど沢山ある先人の遺物、ギリギリ読めるフォントの漢字、言葉は無いけど伝わってくる主人公の感情など、ゆったり海中を漂う気持ちというか、綺麗な水槽を眺めている気持ちというか、遊んでいて嫌な気持ちになる要素が殆どありません。

 

綺麗な景色と不思議な遺物の中をゆっくりと深海へ降りていく、まったり遊べる雰囲気のいいゲームでした。

 

あと、最後に残ったアチーブメント、「生き埋め(落石死)」を埋めるのがちょっと面倒だったのでメモ。落石(と圧死)は数が限られるので、マップを回り切ってしまうと解除不可能になる。アチーブメントはセーブデータを跨ぐので、新規データでやった方が楽。その場合最初の落石は潜導(相棒)を見つける直前の地面の崩落で、開始から一時間かからない場所。

f:id:machine913:20210927145117j:image

ワンダフル101全員集合

ワンダフル101、全隊員集合。

 

プレイ時間27時間。

 

攻略情報片手にステージを回って隊員集め。分かるかーい!みたいなところに居る人もおり、情報無しじゃ集められなかったと思います。

 

システム上人数が増えるに従い攻撃力が上がるので、戦闘は段々プレイヤー有利になり、巨大な敵も一気に削り切れるようになって爽快感が増して行きます。人数がいると分割もし易くなるのでラッシュもかけ易くなり、綺麗に畳み込んだときの気持ちよさはかなりのもの。

 

しかし1ダメージ毎のペナルティがあまりに大きいのが強いストレスになっています。ダメージ演出で2秒、受け身演出で2秒、その後散らばった隊員を集める必要があり、人数が揃うまでは攻撃防御回避がほぼ不可能で、事実上の行動不能時間がやたら長い。一度ダメージを受けると連続でやられるシーンが多く、守勢になってしまった時のままならなさが辛すぎます。硬い敵を叩いただけでも隊員が吹き飛んでしまうのも、ペナルティが重過ぎると思います。

 

バグが多いのも困る。人数が多いとか、2画面分計算してるとかでプログラムも複雑なのかもしれませんが、床が描画されなくて落ち続けるとか、砲台が出てこなくてイベントが進まないとか、散々苦戦した戦闘の後でエラーで落ちるとか色々あり過ぎる。クリア後に出現するギャラリーモードなんかは人物の多い本作では楽しみな要素なのですが、見てると大体フリーズするのでガッカリ。

 

あとこれはゲームとは関係ないのでイチャモンですが、WiiUの頃に買ったファミ通の攻略本片手にプレイしていたら、誤植、書き間違い、番号ミス、隊員の名前間違いなど、今回見た部分だけでもミスだらけでこれも辛かったです。

 

ゲームとしての思想とか、全体のデザインとか、詰め込まれた膨大なアイデアとか、キレのいい操作感とか、パッケージとして絶対好みに違いないのに、大袈裟なダメージ演出のせいで遊んでみるとストレスが上回ってしまい、あまり楽しめず大変残念。