GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

ケイデンスオブハイラルクリア

ケイデンスオブハイラル、クリア。

 

プレイ時間7時間半。

 

本作はローグライクリズムRPG不思議のダンジョンなどのローグライクRPGにリズム要素をミックスしたゲームです。元々ネクロダンサーという前作があって、ゼルダとコラボした物が本作となります。

 

ゼルダの中でも神々のトライフォースを下敷きにしていて、アイテムもダンジョンも隠し要素の隠し方もシナリオもまんまゼルダ。最後の展開も「神トラならそうだよね」という感じで満点。音楽のアレンジも最高で、散々聴いたあの曲にノッてプレイ可能です。

 

ゲームとしては、ネクロダンサーでも書いたけど、ターン制のローグをリズムに乗せてリアルタイムにした代わりに、選択肢や操作をシンプルにする調整。それでもネクロダンサーは私には難易度が渋く続けられませんでしたが、本作では武器、ハート、主要なアイテムが死んでも失われず、正にゼルダ風の蓄積感。なので死んでもモチベが途切れず最後まで遊ぶことができました。まあこのゲーム性で蓄積があると終盤では強くなり過ぎてしまって緊張感が無くなってしまったので、蓄積も良し悪しだなとは思いましたが。

 

クロダンサーのローグライクリズムRPGゼルダの要素を混ぜて、ドットもシナリオも各種要素も勿論音楽も手抜きなく制作されていて、蓄積要素により手軽に遊べるようにした良アレンジ。

 

スネークパスクリア

スネークパス、クリア。

 

プレイ時間10時間。

 

本作は箱庭状の複雑な構造のステージでアイテムを集めるアクションゲーム。ロクヨンの頃に多数発売された箱庭アクションっぽい雰囲気のゲームで、インタビューによればバンカズやクラッシュバンディクーを参考に開発したとのこと。

 

特徴は主人公ヌードルが蛇であること。ヌードルはジャンプも出来ず、基本的な操作は「前進する」「頭を持ち上げる」のみ。しかしヌードルは蛇なので長い体を持っていて、移動に追従して体が付いてきて、これを柵などに絡めることで高所に登ったり、レバーを操作したりして進むことになります。

 

本作はこの「自身が蛇である」ことが全てです。このシンプルな操作系統でどうやって進むんだ?と言う戸惑いから始まり、頭の上げ下げで棒に巻き付く動きの発見、そして「胴体に摩擦係数が設定されていて、如何に地形に接地してグリップを保持するか」と言うゲーム構造の理解に至ります。慣れてくると岸壁の棒に掴まって遠くのアイテムを取ったり、天井の柵を伝って移動したりとかなり無理が効くようになって、この訳分からん操作系統を徐々に体得していく感覚は他に無い快感と言えます。

 

「移動は波状に這った方が速い」とか、「この絡み方じゃグリップ足らないからもう一巻きしておこう」とか、「ここに体掛かってるから伸びたら届くな」とか段々思考が蛇寄りになっていく作りは見事としか言い様が無い。こう言うゲームじゃ敵も入れたくなりそうな物なのに完全に排除したのも英断で、お陰で地形の踏破に集中できて、不自由な操作に四苦八苦することがストレスにならなくなっています。

 

ワンアイデアを練り上げて作られたゲームで、その独特で不自由な操作感は他に無い物であり、これまでに体験したことのないゲーム体験でした。面白かった。

 

モチ上ガールクリア

NSW モチ上ガール

NSW Snake PASS

購入。

 


モチ上ガールクリア。

 

プレイ時間1時間15分。

 

本作はインディーズのアクションゲーム。ワイヤーのように「餅」を伸ばすアクションが特徴。

 

餅は360度好きな方向に好きな時に伸ばせて、壁や床、敵にくっつけるとそこに飛びつき、天井にくっつけるとぶら下がることが出来ます。この餅を使って立体的なステージを縦横無尽に飛び回るのが楽しいゲームです。

 

立体的なステージでワイヤーアクションと言うと海腹川背みたいですが、餅はワイヤーのように伸び縮みはせず物理演算もいい加減なため、海原川背とは全く異なるシンプルなゲームとなっています。

 

ゲームオーバーが無く、場外に落ちてもチェックポイントからやり直しになるだけで、ステージも爽快感重視で意地悪な構成になっておらず、基本的には色々考えず適当に飛び回るゲームとして設計されています。

 

っていう文章を考えながら全25ステージをクリアし、裏5ステージも進めていたのですが、裏の最終ステージが「床が無くずっと天井を渡って進む」と言うステージで、餅が角度距離とも微妙に届かず事故が多発、しかもチェックポイントが無く落ちると最初からやり直しで嫌になってやめました。ここまでまったりしたステージだったのに、最後がこれかよ…。

 

 

 

jubeatアップデート

iOS/Androidjubeatが久々のメジャーアップデート。

 

曲パック買い切りからスタミナ制+曲ガチャへの思い切った転換などからあまりよくない評判が目に入り、ちょっと興味を惹かれたので7年ぶりくらいに起動。

 

引き継ぎ周りがよくわからなかったのですが、私の引き継ぎ経路は以下の通り。以降の文章は全てAndroid版のもの。

 

jubeat plus(古いiPad)→iOS jubeat(現iPhone)→(KONAMI IDによる引き継ぎ)→Android jubeat(Fire HD)

 

plusモード

jubeat plusを再現したモード。曲パック買い切り型、買ったら遊び放題。今からでも追加曲を購入可能。今までに購入した曲はこちらに引き継がれる。iOSからAndroidには購入履歴は引き継がれないと思ってたけど普通に引き継がれた。当時出したスコアは無くなってる。

 

今でも追加の曲を買えるし現役で動くけど、恐らく下位互換のためだけに存在するモード。フレームレートが目に見えて低く、まともに遊べるとは言い難い。

 

通常モード

今回のメインモード。スタミナ制で楽曲追加はランダムガチャ、デイリーミッションもアリと言うソシャゲ型。今まで買った曲はplusモードに引き継がれるのでこちらではまた集め直し。

 

初期は判定などに問題が多かったようですが、今遊んでみた感じでは特に問題は感じず、フレームレートも(当たり前なのですが)安定していて、快適なjubeatです。

 

大きな方針転換、今までの課金の事実上のリセット、好きな曲を好きな時に好きなだけ遊べないことに対する反発も無いでは無いですが、個人的には全体にかなり好印象のアップデートです。

 

  • デイリーミッションの指示により、興味ない曲も遊んでみる気になる。
  • ガチャを回すことが目的、進捗となり、モチベーションになる。
  • ガチャはピンポイントで狙った物は引けないけど、アルバムは指定出来るし被り無しの等確率で相当良心的。
  • 死んでいたjubeatが再起動したことが何より嬉しい。

 

引き継ぎとか

二段階で引き継ぎしてるしOSも跨いでるので何が原因か分からないのですが、複数端末を跨いで遊ぼうとするとちょっと挙動が怪しい。

 

例えば家ではFire HD、外ではiPhoneで遊ぼうと思うと、Android版を立ち上げた時にコインとjblockが0になっていることがあって焦る。結果として再引き継ぎしたら戻ったので数字が消えたわけでは無さそうですが、ソシャゲでこういうのは怖いので原則1端末で遊ぶことにしています。

 

カトリーエイルコンプ

NSW 千里の棋譜 ~現代将棋ミステリー~

購入。

 


レイトンミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀DX+、コンプリート。

 

プレイ時間60時間半。

 

本作は所謂「レイトン教授」の新作で、主人公は教授の娘のカトリーエイル。主人公が変わってもナゾメインのゲーム性が変わるわけではなく、手触りはナゾを求めて彷徨ういつものレイトン教授

 

遊び始めて誤算だったのが、カトリーがはなざーさんじゃ無いこと。少し前にやってたアニメを何回か見ていたので、ざーさんだと思い込んでいたため、有村架純の太い声の違和感が大きい。で他のゲームが忙しくなって放置していたら、アニメ声のDLCが発売されたので再開。

 

ナゾについてはいつも通りでよくも悪くもそんなに言うこと無し。以前みたいに「ヒント全部見ても全く分からなくて三日悩む」みたいなのはありませんでした。追加のダウンロード問題が383問あって、しかも似たような問題が大量にあるのは単純に物量がしんどかった。

 

お話は一番大きい「カトリーエイルは何者なのか?」が丸々放置なのは気になりましたが、昔みたいに大掛かりで無理矢理なギミックが無く、ある程度地に足着いた展開なのはよかった。こういうのでいいんだよ。

 

アトピー対応アップデート

若い頃からアトピーと付き合ってきて、当時本当にめちゃくちゃだった体調を三日で救ってくれたのが以下の処方。

 

  • ダイアコート軟膏、吸水クリーム、プロペト(悪い時)
  • プロペト(保湿)

 

以来20年くらいこれをベースに塗布を続けていますが、住居が変わり、環境が変わり、ジェネリックになって処方も変わり、勿論自分も歳を取ったこともあり、今一つ効きが悪いというか、じわじわと悪くなっている実感がありました。しかし当時の成功体験を捨てられない私は、先生が変わって色々言われても「いやこれでいいから出してくれ」と言って聞きませんでした。

 

でも今日の先生はもう勢いが違った。もう全否定。「この混ぜ物ではステロイドの強さがどうなってるのか分からない」「大人がプロペトじゃ過ごしにくいでしょ」「顔を別薬にしてないのは貴方がめんどくさがってるだけ」「私ならこの処方にはしない」言いたい放題言われて腹も立ったけど、指摘に心当たりが多かったこともあり、勢いに負けて処方をほぼ全とっかえで試してみることに。

 

 

その他にも色々貰ったけどメインはこの辺。実際数日使ってみてるけど、効きの度合いが全然違って今まで治りにくかった部分でもスっと楽になるのと、ベースの保湿がベタベタしなくて圧倒的に生活がし易く、急に「人間になった」みたいな感動がある。