GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

LUMINES REMASTERED

NSW LUMINES REMASTERED

購入。

 

PSPで昔やったゲームですが、なんとなくまたやりたくなって購入。音楽がファー鳴って、演出がピカピカするいつもの電子ドラッグ。ただし今回は画面も綺麗になってるしHD振動がめっちゃ震えてより没入感は高まってます。でも1プレイ1時間はやっぱり長いね。

 

StrangeTelephoneクリア

iOS StrangeTelephone

購入。

 


早速開始してクリア。プレイ時間4時間半。

 

本作はドットスタイルのアドベンチャーゲーム。奇妙な世界に閉じ込められた主人公は、電話に6桁の番号を打ち込んで、生成される小さい世界を探索し、最終的に世界から脱出するのが目的となります。

 

生成される世界はそれぞれ小さい(10歩分くらいしかない)ですが電話番号分存在し、キーは0~9とアスタリスク、シャープで12種類。12の6乗で生成される世界のパターンは膨大かと思われますが、実際には細かな組み合わせが異なってもそれほどのパターンは無く、適当に試していれば十分に謎を解けるバランスです。クリアするだけであれば、適当に番号を打って世界を冒険し、手に入ったアイテムを使って次の場所を開き、サクサク進んで2時間程度でした。

 

ただアイテムや複数のエンディング、図鑑を埋めようと思うと急に沢山のアイテムとオブジェクトの総当たりになってしまい、「リアクションはあるけど意味は無い」みたいな引っ掛けもあってかなりしんどい感じになります。総当たりはまだしも、作者のツイッターを見ないと番号が分からないとか、攻略サイトには書いてあるけど出所の不明な番号とかもあって、最後の詰めとなる終盤はかなり理不尽感を感じながらプレイしていました。

 

ただ、どちらかというと恐らく本作が注力しているのは世界観で、不気味な雰囲気と荒唐無稽な、それでいて何らかの意味や意図を感じるオブジェクトの数々が現れます。なんなら攻略法の訳が分からなさも世界観のためにある気もする。個人的には真エンディングや謎の一旦が見えるエンディングよりも、屋上に出て夜景を眺めるエンディングが一番感情が動きました。

 

いわゆる「雰囲気ゲー」と呼ばれる物で、コンセプトとか展開とかバランスとか嫌いではないんですが、ずっと不気味で暗い世界ばかりなので、もうちょっと明るい世界もあったら浸ってても楽しいのになーと思いました。

無題

NSW 婆裟羅COLLECTION

NSW サバクのネズミ団!改。

NSW GUILTY GEAR

NSW GUILTY GEAR XX ACCENT CORE PLUS R

NSW ガチャレーシング2nd

NSW DOUBLE DRAGON IV

購入。

 

ロゼと黄昏の古城トロコン

ロゼと黄昏の古城、トロフィーコンプリート。

 

プレイ時間は10時間行かないくらい。

 

本作は日本一ソフトウェア開発のアクションゲーム。話の繋がりはありませんが、キャラデザや雰囲気を見る限りホタルノニッキと似た思想のゲームのようです。

 

古城で目覚めた主人公の少女ロゼ。城は全てモノクロで時間が止まっていますが、血が付いた赤い物だけは時間が流れています。ロゼは記憶がありませんが何か知らんけど体に茨が生えていて、茨には血を吸ったり与えたりする能力があります。また茨には復活の力があって、死んでしまった場合も復活可能。それから城にはロゼの言うことを聞く硬くて力持ちの巨人も居て、巨人と力を併せて古城を進んで行くことになります。

 

ホタルの時からそのケはありましたが、今回は「血のやり取りがテーマ」「不死ではなくあくまで"死んだら復活"の能力」「公式HPからして"残酷な運命"を強調」「節目の扉には拷問器具がセットされていて、自ら器具にかからないと扉が開かない」ということで、ホタルではまだ我慢していた「少女を無惨にアレしたい」という性癖が全開。ホタルではダメージ時に画面に血痕が出るくらいでしたが、今回は状況による死に様も完備しています。

 

ゲームとしてはホタルとは大きく変わって割とちゃんとしたアクションゲーム。主人公の特性上素早くは動きませんが、割と操作に対してきちんと反応します。ロゼと巨人にはそれぞれいくつかの能力や特性があり、ステージはこれらの特性を組み合わせて解く物で、解き方はかなりアイデアに富んで頭を捻らされます。解けた時の気持ちよさや納得感が非常に高く良質な設問と言えます。また数は少ないですがボス戦もアイデアと手先を問われる物でかなり好み。「しゃがんでかわす」を閃いた時は膝を打ちました。

 

イライラ棒や延々待ち時間などのホタルにあった理不尽要素も今回は無く、パズルは難易度高めですがリトライ性も悪く無く、トロフィーもそこそこ取り易く、高得点ではありませんが上手くまとまった佳作という感じでした。

 

ホタルノニッキトロコン

htoL#NiQ(ホタルノニッキ)、トロフィーコンプリート。

 

プレイ時間は不明ですが、開封が22日なので10時間も無いと思います。

 

本作は日本一ソフトウェアが断続的に繰り出すオリジナルタイトルの一つで、ジャンルは分類するならパズルになるかな。薄暗い廃墟で目覚めた、角の生えた少女ミオン…を導くホタルとなって、ミオンを無事出口まで連れていくことが目的となります。

 

廃墟は危険な罠や影のモンスターなどで溢れていて、ミオンはこれらに接触するだけで即死。記憶の無いミオンは自分が何故ここにいるのかも分かりませんが、周囲の状況や断片的な記憶から自分の身に起きたことを知っていきます。が、作中では詳細を明確には描写しないので、プレイヤーは「こうだったんじゃないかな」と想像するに留まります。薄暗い廃墟、可憐な少女の無惨な死、断片的かつあまり良い物では無さそうな記憶、不穏なBGMと、世界観としては大体そんな感じのゲームです。

 

ゲームとしては、カーソルであるホタルを操作し、ホタルに追従するミオンを導く、昔の「マリオとワリオ」みたいなゲーム性。こういうゲームなんて言うのかな。ミオンを導くホタル、影の中を移動してギミックを動かせるカゲホタル、種を打ち出す花、光を浴びて伸びる蔓、操作が反転する罠、巨大なボスもいてパズルもアクションもあり、思ったよりバラエティに富んだゲームです。

 

ですがIFがあまりよくなく、遊び終えての印象は芳しくありません。プレイヤーが画面をタッチ→タッチした位置までホタルが移動→ホタルの位置までミオンがゆっくり移動という多段の間接指示のため、全体にどうも思った通りに動きません。ミオンをタッチするとその場で待機するのですが、他の物が近くにあるとこの指示が入らなかったり、段差の上り下りなども暴発しやすく、ミオンの動きの遅さもあってストレスが溜まります。

 

また、作中でホタルを操作して壁に触れるとミスになる狭い迷路を抜ける、いわゆるイライラ棒的な場所があるのですが、タッチする指で画面が隠れて見えにくい上、画面が微妙にスクロールしてタッチ位置がズレるため非常に遊びにくいです。アップデートでスティック操作にも対応したのですが、こっちはこっちで操作感度が非常に高く、同じ入力(のつもり)でも大きく動くことがあり、狭い迷路を進むのに遊びやすいとはとても言えません。

 

ゲーム自体の難易度が高いのではなく、システムの作りの悪さで思うように進めないのは遊んでいて凄くストレスが溜まります。BGMがずっと不穏一辺倒なのもこれを加速し、遊んでる間は常に謎の圧迫感がありました。

 

遊んでいる間はやたら難しい気がしましたが、終わってみればプレイ時間もそれほど長くは無いし、プラチナトロフィーも取れています。そのプラチナも全体取得率は12%程度あり決して超高難度のゲームではありませんが、難しかった、遊びにくかったという印象ばかりが残るゲームでした。