GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

無題

3DS DRAGONQUEST XI 過ぎ去りし時を求めて

購入。

 

久しぶり(5以来)のドラクエ

 

 

ZOOKEEPER1500

対戦ZOOKEEPER、1500戦。

 

f:id:machine913:20170729213520p:image

 

KD(?)は-20で、やや負け越し。レートは調子がいいと1600台中盤くらいまでは行くのですが、大体その辺で全く歯が立たなくなってズル滑り。この辺が私の適正レートな気がしています。

 

この先は、攻撃力はある前提で防御の高い方が勝つ感じになってくるので、全然防御伸びない自分は立っていることができません。

 

 

ZOOKEEPER1000

対戦ZOOKEEPER、1000試合。

 

f:id:machine913:20170713090559p:image

 

他の数多のゲームを差し置いて一番アクティブ。

 

勝ち数-負け数は500戦の時の-10からは改善して-8。なので勝ち負けは同じくらいのはずですが、感覚としてはとにかく勝てない印象で、一時期-20まで落ち込み、ずっとイライラして「これはもう止めよう」と何度も考えました。まあそれでレートが下がったからか、その後15連勝してるんですが。

 

勝ち負けが同じくらいだとレートはジワ上がりするようで、基本数値も段々高くなってきています。今のところは上達が追い付いて勝負出来てるけど、レートが上回ったら一気に勝てなくなる気がする。

 

脚色はあっても基本的にパズるしかない本作にこれだけの牽引力があるのは、勿論元のパズルの出来がいいのと、30秒という短い時間制限、そして相手がいるという、強烈な急かしのためかなぁ。

 

近いレートでマッチングするから、上手い人も下手な人もみんな「急かされた上でギリギリいい勝負」になるのと、世界観にもゲーム内容にも強い色がついてないから、プレイヤーの層が限定されにくく、マッチングを支えるプレイ母数もある。

 

運営も頑張ってイベント打ってるし、強いキャラクターや射幸型ガチャがない(ガチャ自体はある)割には上手くいってるゲームなんじゃないかな。儲かり具合はわからないけど。

 

メトロイドオブウォー

メトロイド サムスリターンズ発表。

 

本作はかつてGBで発売されたメトロイドIIのリメイク。初代メトロイドの続編であり、その後のキーマンであるベビーメトロイドとのお話であり、また個人的に凄く好きな作品でもあって、リメイクされること自体は素直に喜ばしい。

 

ただ、ムービーやインタビューを見てて、どうしても懸念が拭えない。

 

本作の開発会社はMercurySteam。「ドラキュラを手掛けた」って紹介されてるけど、それはシモンをゴリラ、アーカードをゾンビモンスターとして再解釈した「ドラキュラオブウォー」こと宿命の魔鏡のこと。いや魔鏡自体は凄く良く出来たアクションゲームだし好きな作品ではありますが、探索をバッサリ無くしてしまったため、2Dドラキュラ新作としては期待されたものでは無かったと思います。

 

何が言いたいかというと、メトロイドに期待される探索型の開発実績はMercurySteamにはなく、またアクション寄りのチューニングをしがちなんでは無いかと心配。

 

実際本作の動画やインタビューではフリーエイムやメレーカウンターなど激しいアクション要素、また敵に食いつかれるなどQTEっぽい演出が強調される一方、探索の要素は全然出て来ません。

 

アクションが豊富になることはいいことですが、その方向性にはアザーMもいるし、願わくば私の懸念はただの妄想で、本作が探索をメインとした作品であって欲しいと思います。

 

Severedクリア

iOS Severed、クリア。

 

プレイ時間7時間弱、難易度ノーマル。

 

本作はdrinkbox studios制作のアクションゲーム。一人称視点でタッチで剣を振る、珍しいタイプのゲームです。drinkbox studiosと言えば覆面闘士のイメージが強いのですが、本作にはマスクマンは出てこないし、雰囲気は終始陰鬱で救いは無い。

 

ゲームとしては、メインはダンジョン探索で、戦闘がフリック剣戟。戦闘だけのゲームだと思ってたから意外でした。ダンジョンと言うかフィールドは結構広く、鍵を探すとか隠し通路とかもあるちゃんとしたヤツ。よく出来てはいるんだけど、戦闘メインだと思っていたことと、昼夜を切り替える仕掛けの面倒くささ、「現時点では進めない仕掛け」が沢山あって再訪しなければならないなど、テンポを阻害してて正直面倒でした。

 

期待の戦闘は、フリックで剣を振るので大雑把になりそうですが、攻撃出来ない部位や、敵の攻撃を弾くアクションなどでバリエーションを作っています。また複数の敵に周りを囲まれるため、戦う順番や後ろの敵の攻撃にも対処する必要があり、やることは沢山。でも忙しさの割に難易度はそれほど高くなく、かと言って簡単でもなく、いいチューニング。

 

また戦闘で集めた素材でパワーアップも可能。最終的に主人公はかなり強くなるので、適当に遊んでてもクリアは出来ると思う。

 

戦闘は面白いけど、これだけが続いたら飽きたと思う。なのでダンジョンがあるんだと思います。シナリオは暗いけど引きの強いもので、色んな意味でよく計算されたゲームと言う印象。ただ、やはりダンジョンは面倒なので、素材としてフリック剣戟を選んだ時点で険しい道だったのかな。

 

ミラー終了

マリオカート8DX、ミラーカップ全星3トロフィー取得。

 

プレイ時間は「25時間以上」。

 

たまに挑戦しては負けてイライラして終わるのを繰り返していましたが、なんとか全部終わりました。一つの目標だったので、達成出来てよかった。

 

200ccは、また気が向いた時に。