GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

達成感

NSW SHOVEL KNIGHT

購入。

 


ディズニーツムツム、全ビンゴ(20枚)終了。

 

 f:id:machine913:20171231015903p:image

 

レベル146、コレクション176種。2017/07/15にインストールして以来、たぶん一日も欠かさずに遊んでると思う。

 

本作はなんせ立て付けがソシャゲなので、とにかくガチャ回して強いツムを多重に引かないとどうにもならず、また課金圧力が弱い分圧倒的にプレイ回数が必要なゲーム性。

 

小さな金額をコツコツコツコツコツコツ積み上げて少しずつ手持ちを強化していましたが、ハロウィンイベント報酬のバットハットミニーが割と壊れ性能で、これを入手してからはかなり楽になりました。と言っても延々稼ぐのは変わらないんだけど。

 

スタミナの使い道がゲームプレイしかなく逃げ道が無い中で、特定のお題をこなすビンゴは一服の清涼剤でした。まぁ終盤はかなり難しいお題しか残っていなかったのでストレスもありましたが、技術も低く所持ツムも強くない私が達成してるので、適切と言えば適切な難易度と言える。

 

始めたばかりの頃は「こんなん出来るか!」と思ったお題をなんとかクリアした達成感と、「これで金稼ぎ以外にやることが無くなってしまった」という寂しさを感じます。

 


ファイアーエムブレム無双、ストーリー全クリア。

 

プレイ時間54時間半。全難易度クリア、全記憶回収。間にヒストリーを挟んでるのでストーリーだけの時間ではないけど。

 

一時飽きて中断していましたが、無双は定期的にやりたくなるので、またなんとなく再開。中断してる間にアップデートがあって、今までの最上位武器の2倍の威力があるSランク武器が追加されたのでかなり楽でした。たぶんまた暫くは遊ぶ。

 

バッテリー交換

お下がりのiPhone5を貰って半年ほど経ちました。

 

元々バッテリーが駄目で機種変更した機種だったので当然ですが、その後順調にバッテリーが劣化。特に気温の関係か冬になってからは酷く、「満充電からスリープ15分で1%」「35%からシャットダウン」「0%から電源繋いだ瞬間60%」と全く数字が信用出来ない状態でした。

 

iPhone5は古過ぎてアップルもバッテリー交換受け付けてくれないようなので、仕方なく自分でバッテリー買って交換しました。バッテリーはどうしても外れが混ざるので、Amazonのレビューの★1率で大体の外れ率を予想、打率9割の物を購入しました。まぁ安いし、外れたらもう一個買うかくらいの気持ち。

 

工作自体は難しく無く、強いて失敗と言うと逆さまに立てて作業してたので、分解中に電源ボタン押されて通電してしまったくらい。交換後は充電が1%ずつ減ることに感動。夜充電しなくても、翌日昼くらいまで持つんだぜ。

 

交換後数日使いましたが、今のところ異常な発熱やシャットダウンは無いみたい。劣化速度も個体差みたいなので、何か月かしないとまだ分からんけど。

 

OPUSクリア

NSW OPUS-地球計画

購入して、クリア。

 

プレイ時間2時間程度。

 

本作は地球を出た未来の人類が「神話の惑星」である地球を探すアドベンチャー。と言っても出来ることは望遠鏡を覗いて数多の星をスキャンしていくだけ。価格は安いけど「まるで1本の短編小説を見た後のような満足感」と公式サイトにある通り、ボリュームもかなり少ない。

 

星をスキャンすると「地球との類似度」が出るので、無限に広がる星の海から延々地球を探す…わけではなくて、相当親切なヒントが出るので基本的には指示に従っていればエンディングまで一直線。なので探索をするゲームではなく、自分のいる宇宙船での出来事を語るのがメインかな。音楽と雰囲気が凄くよくて、やや強引なくらいに音楽で持っていく、正しく「短編小説を見た後のような」感覚になりました。

 

はっきりと語られるストーリー以外でも、星の名前だとかメモ書きだとかで色々想像の余地があり、読後感はかなりいい。クリア後にはメインとは外れたサブターゲットの探索が出来るのですが、これを見つけても達成率が上がるだけで作中でのリアクションが何もないのは寂しかった。

 

オデッセイコンプ

スーパーマリオオデッセイ、コンプリート。

 

プレイ時間55時間以上。パワームーン全取得、ローカルコイン全取得、衣装全取得。

 

パワームーンは「こんくらいかな」と想像してた数の3倍くらいありましたが飽きも無く、ヒントも出るのでインターネッツも無しで全部集め切れました。唯一キャプチャーリストが後2つどうしても埋まらなくてこれだけ検索してしまったのですが、いやあれは気付かないわ。

 

本作は全体的に楽しさ優先で難易度は抑え目ですが、クリア後の隠しステージでは徐々に難易度が上昇。最終ステージは中間ポイントも無く長丁場だわ難しいわで大変でしたが、だからこその乗り越えた達成感と、最後の(ほんとにちょっとした)演出に涙腺が緩みました。

 

スーパーマリオの新作として、久しぶりの3Dマリオとして、期待された大作として、また純粋に一本のゲームとして、本当に面白かったです。