読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

無題

GER、最初のエンディング。

プレイ時間20時間。

本作はGODEATER BURSTのリメイク。映像が美しくなった一方で、演出関係には手入れてないっぽい?当たり前ですが、2及び2RBで追加された要素は全部無し。思い返してみると2以降の追加要素はかなり多くて、特にブラッドアーツとレイジバーストが無くなると相当地味になってしまうのでは、という懸念もあり実際地味にはなっています。

一方で今回追加されたのが各種プレデターフォーム。いわゆる捕食形態ですが、初代からの長押し捕食とバースト以降のコンボ捕食に加え、即発動のクイック、ステップ捕食、空中捕食が追加されました。またそれぞれの捕食スタイルも変更することが出来、捕食後の補助効果も選択式に。字面だと地味ですが、実際やってみるとこれがかなり楽しい。攻撃の中に捕食を織り交ぜて強化効果を維持しながら戦うことで、アニメみたいな「流れるような戦い」が実現でき、中二心をくすぐられます。カッコいいだけじゃなく、スタイルと補助効果をきちんと選択することで戦い自体も相当楽になる。

また2以降の要素が無くなったのは、2RBの最終的な感想が「やることが多くてめんどくさいゲーム」だった私には「シンプル」と映って好印象。いちいちサポート効果を選ばなくていいのも嬉しいし、ブラッドアーツを設定すると戦い方が縛られる感覚があったので、これが無いのもよい。

2RBはめんどくささと難易度で一戦毎に「また次があるのか…」とウンザリしていましたが、今回はもうとにかく次がやりたくてしょうがなく、ここまで一気に遊んでしまいました。知ってる内容ではあるけど熱いストーリーもあるし、個人的なことだけど、2RBと同じキャラでやってるので、2RBで最強のゴッドイーターとして君臨した自分の前日譚になるのもモチベーションを高めています。

と全体にかなり好感触ですが、一箇所だけ、ブラッドバレットというか「OP回収弾」が無くなったのはかなり痛い。オラクル効率がガタ落ちで、銃だけで戦うことがほぼ不可能になってしまっています。まぁこれはこれで銃と剣を織り交ぜる楽しさはあるんですが、遊び方の一つが塞がってしまったのは残念。