GarbageCompany

満つらざるとも屈せず

デモンゲイズ開封

デモンゲイズ、最初の大型ボスを撃破。

プレイ時間7時間。

本作はエクスペリエンス開発のハクスラRPG。最近だとレイギガントもここのソフト。っていうかデモンゲイズが気になってたのでレイギガントやったんだけど、ちょっと味が合わなかったのでやっぱりデモンゲイズやってみてる。

今のところ本作は大体「期待した通りのハクスラRPG」と言えます。移動や戦闘は蛋白と言えるほどスピーディ。戦闘メッセージは「毎行動の結果がテキスト表示(送るまで停止)+スキップ可能+ログ機能付き」と至れり尽くせり。膨大なドロップアイテムと、傾向を設定してのドロップチャレンジ、良アイテム一つで飛躍的に楽になる感覚。広大なマップと自動移動機能。自在なキャラメイク(ここは私には合いませんが)。

サクサク遊べて、遊ぶだけ(敵も味方も)強くなって、強化の深さや枝葉の広さが丁度いい。浅すぎると詰まらない、深すぎるとやる気にならないという我侭なユーザ(私)心理の丁度いい所を突いています。

個人的には、間に挟まるイベントがやたら長いのと、キャラデザがちょっと合わないのが難ですが。たぶん進行が蛋白になりやすいこの手のRPGで、イベント進行をモチベーションにしようとして、各キャラを掘り下げた結果かな。


レイギガントが個人的にはあまり合わなかったのですが、「先にデモンゲイズがあった」と思うと見え方が違ってきます。デモンゲイズがまずハクスラRPGとして完成系で、そこから色々試した結果がレイギガントなのかな。場面やキャラクターがどんどん変わっていくとか、敵味方がやたらアニメーションするとか、ストーリーを主軸として難易度を下げた構成とか。そのいずれもが私にとっては悪印象になってしまったのが残念ですが。